愛媛・松山で道後温泉と歴史の魅力に浸かるフォトジェニック旅

卒業シーズンに向けて旅行を計画している方は少なくないと思いますが、どこに行こうか迷っている方にオススメなのが、愛媛県松山市。
ジェットスターを利用すれば、東京(成田)〜松山間はなんと「片道4,990円~*」と手頃な運賃で出かけられるので、現地でもいろいろと満喫できるのが魅力。

そこで今回は人気インスタグラマー
長谷川あやさん(上写真左)
https://www.instagram.com/ayasuke_0516/
綾瀬羽乃さん(上写真中)
https://www.instagram.com/ayasehano/
井村亜里香さん(上写真右)
https://www.instagram.com/arika_imura/
の3名と一緒に愛媛・松山の歴史と魅力をフォトジェニックに満喫してきました♪♪

*エコノミークラス「Starter」片道運賃。支払手数料、空港使用料等が別途必要です。受託手荷物の料金は含まれません。運賃は空席状況により変動します。諸条件が適用されます。

■大人気の「お遍路体験」へ

朝食はホテル11階のレストラン「高級懐石料亭 飛梅」で和朝食。

朝食もハーフビュッフェ方式で、サラダや副菜、ドリンクを自由に取り分けられます。

朝食をすませて、松山の町を観光ガイドの案内で楽しむまち歩き「松山はいく」の一番人気コース「歩きお遍路体験」に。

ガイドさんとともに道後温泉駅前のからくり時計を出発して、四国八十八ヶ所霊場の第51番札所「石手寺」へやってきました。
ここは 国宝の二王門、鎌倉時代に建てられた国の重要文化財の高さ25mの三重塔など見どころいっぱいのお寺で、パワースポットとしても有名です。

そんな見どころいっぱいのお寺の中でもぜひ抑えておきたいのが、四国八十八ヶ所各札所と高野山・金剛峯寺の砂が集められた「お砂撫で」。
砂が入った袋を撫でながら祈ることで、四国八十八ヶ所の霊場すべてを巡るのと同じご利益が得られるそうです。

また、本堂の裏に入口がある「マントラ洞窟」では、ちょっとした冒険気分も味わえますよ。

石手寺からスタート地点の道後温泉駅前のからくり時計に戻ってくるとちょうどからくり時計が作動する時刻。
坊っちゃんやマドンナ、道後温泉などなど、楽しい仕掛けがいろいろ登場します
<作動するのは8時〜22時までの1時間に1回。土日祝とハイシーズン(3月、4月、8月、11月、ゴールデンウイーク、年末年始)は30分に1回>。

問:松山はいく「歩きお遍路体験」 
http://matsuyamahaiku.jp/

■色浴衣に着替えて「人力車」で道後商店街を散策

今回泊まったホテル「花ゆづき」では、好みの色浴衣を選べるサービス(有料:800円)があります。
早速着替えて「人力車」で道後温泉周辺の観光スポットを散策です。

明治時代そのままの雰囲気の人力車では、素敵な車夫の方が道後温泉の歴史を交えながら、各スポットの見どころを紹介してくれました。

道後温泉本館や道後温泉駅で写真を撮れば、レトロな雰囲気の素敵な写真を撮影できますよ。

■2017年12月グランドオープン。話題の「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」へ

最後に訪れたのは2017年12月にグランドオープンしたばかり、早くも賑わいを見せている「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」。
外観は飛鳥時代の建築様式を取り入れた湯屋がコンセプトになっています。

道後温泉では「道後温泉本館」「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」「道後温泉 椿の湯」の3つの温泉を巡るスタンプラリーを実施しています。
湯めぐり手形に本館と飛鳥乃湯泉の2館か、3館すべてのスタンプを集めると、集めたスタンプの数で道後温泉オリジナルグッズに交換してもらえますよ。

1階は大浴場と露天風呂。
大浴場では砥部焼の陶板壁画と道後温泉を詠った和歌の世界観を表現するプロジェクションマッピングを湯船に浸かりながら楽しめます。

何と言っても注目は2階にある予約制の特別浴室。
道後温泉本館にある日本唯一の皇室専用のお風呂「又新殿」を再現したお風呂です。

この特別浴室で入浴する際には浴衣のような“湯帳”を着用できます。
昔の皇室の方は肌を直接見られることがないよう“湯帳”を着用して入浴していたそうで、当時と同じ体験ができるというわけです。

その他、お風呂上がりに2階の大広間でひとやすみできるコースも。
美味しいお茶菓子とお茶をいただきながらゆっくり寛げますよ。

問:道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 
https://dogo.jp/onsen/asuka

これにて2日間の愛媛・松山旅は終了です。歴史と文化、美味しいご飯、そして温泉といろいろ満喫できて3人とも大満足の様子。
帰りの機内も旅の思い出話で盛り上がっていましたよ♪
みなさんも卒業旅行はぜひ、愛媛・松山をオススメします!!

最後に松山市のみなさん、そしてジェットスターのパイロット&キャビンクルーのみなさん、おかげで楽しい旅ができました。
どうもありがとうございました♪
<協力:松山市>

※掲載情報は2019年2月20日現在のものです

1日目レポートへ >>
東京(成田)松山便を予約する