大分名物、とり天発祥の店「東洋軒」。一度食べ始めたら箸が止まらないおいしさ〜!
熊本城で食べられる「くだもん」はソフトクリームの上にフルーツが乗って超キュート♡
加藤清正を祀る加藤神社。真っ白な鳥居がフォトジェニック!
熊本市内にある、創業明治7年の長崎次郎書店。そこの2階に、レトロ素敵な喫茶室を見〜つけた!
高さ173mの「九重“夢”大吊橋」。二人とも、ちょっとだけ足が震えている?
温泉宿「束ノ間」のカフェから、由布市内の大パノラマを一望!湯上りに最高の贅沢♪
いたるところで温泉の蒸気が立ち上る別府市内。コーヒーカップと重ねたら、面白い写真が撮れたよ!
熊本市内のオシャレスポット「River Port 9」のスカイテラスで、なんとグランピング体験ができちゃう!
馬肉の名店「菅乃屋 上通店」は、旅の記憶に残るおいしさ!平日ランチでも予約をおすすめ。
黒川温泉では浴衣を借りて、日帰り温泉ホッピング!お肌がどんどんツルツルになって嬉しい♡
大分空港
1 東洋軒
2 国指定名勝 血の池地獄
3 国指定名勝 海地獄
4 別府温泉保養ランド
5 B-speak
6 束ノ間
7 九重“夢”大吊橋
8 黒川温泉
9 わろく屋
10 鍋ヶ滝公園
11 道の駅 あそ望の郷くぎの
12 上色見熊野座神社
13 熊本城
14 菅乃屋 上通店
15 長崎次郎書店&喫茶室
16 River Port 9
熊本空港
1
東洋軒
大分に着いたら、まずは食べたいローカルフード。別府といえば、「とり天」ですよね!こちらがその発祥の店「東洋軒」。訪れる人の8割が観光客だそうで、別府観光に欠かせないレストランです。もちろん、一番人気は定番のとり天定食。さくさくな衣にふんわりジューシーな鶏肉の旨味がやみつきになりそう。あっさりしているのでどんどん箸が進み、気付いた時には完食でおなかいっぱい!鶏肉だけでなく、卵や醤油などすべての原料に一切妥協せず、醤油はなんと東洋軒オリジナルブレンドを依頼して作ってもらっているそうです。開店前から行列ができ、休日は2時間待ちという日もあるそうですが、並んでも食べる価値は十分です!
  • 住所
    〒874-0919 大分県別府市石垣東7-8-22
  • 電話番号
    0977-23-3333
  • 営業時間
    11:00〜15:30(15:00ラストオーダー)
    17:00〜22:00(21:00ラストオーダー)
  • 休日
    年中無休
車で約15分
2
国指定名勝 血の池地獄
別府でフォトジェニックなスポットといえば、間違いなく「べっぷ地獄めぐり」!「地獄」というと恐ろしいけど、こちらは温泉噴出口のこと。7つある中でも「血の池地獄」は、特に地球の神秘を感じる圧巻の佇まい!1300年以上前から存在する日本最古の天然の温泉といわれており、赤々と染まった池からのぼる湯けむりを眺めていると、まさに昔話で見た地獄の世界にワープしたみたい!入場者は無料で、血の池の源泉からひかれた掛け流しの足湯も楽しんでいきましょう。ちなみに、大分は別名「おんせん県」と名乗っていることをご存知でしたか?別府市内でも道路のところどころから白煙が噴出しており、日本有数の温泉地に来たことを実感させてくれます!
  • 住所
    〒874-0016 大分県別府市野田778
  • 電話番号
    0977-66-1577(別府地獄組合)
  • 営業時間
    8:00~17:00
  • 料金
    共通観覧券 大人2,000円、高校生1,350円、中学生1,000円、小学生900円
  • 休日
    年中無休
車で約8分
3
国指定名勝 海地獄
地獄めぐりでもうひとつ訪れておきたいのが、血の池地獄から車で10分ほど坂道を上ったところに位置する「海地獄」。美しい蓮が浮かぶ池を横目に進んでいくと、はっとするほどの真っ青なコバルトブルーの池が広がっており、迫力ある白煙とのギャップは非常に神秘的。血の池地獄の「赤」とは対照的な、美しく、鮮やかなブルー。でも、お湯の温度は摂氏98度!ついついはしゃいで近づきすぎないように気をつけて!ここに来たら絶対食べたいのが、海地獄の源泉で茹でた温泉卵。観光客のパクつきグルメとして名物です。他にも「地獄蒸し焼きプリン」や「極楽饅頭」など、地獄めぐりならではのユニークな名前のお菓子も。スイーツは別腹ですよね、こちらもぜひ試してみて!
  • 住所
    〒874-0045 大分県別府市鉄輪559-1
  • 電話番号
    0977-66-1577(別府地獄組合)
  • 営業時間
    8:00~17:00
  • 料金
    共通観覧券 大人2,000円、高校生1,350円、中学生1,000円、小学生900円
  • 休日
    年中無休
車で約5分
4
別府温泉保養ランド
別府温泉の中でも、とりわけインパクトが強いのが、こちらの「別府温泉保養ランド」!効果の高い天然の泥パックができるとあって、美容マニアの女子の中でも評判の温泉です。直接泥を手にとってみるとまるで粘土のようで、ちょっと肌に塗布しただけでも、明らかな効果を実感できます。成分が強い場所では「直接地獄に入っているということをお忘れにならないでください」という、ドキッとする看板も。もちろん、ちゃんとルールを守って入れば、今まで経験したことのない、大地から湧き上がる温泉を堪能することができます!建物がとってもレトロなのが特徴で、一部は混浴風呂になっています。
  • 住所
    〒874-0843 大分県別府市明礬5-1
  • 電話番号
    0977-66-2221
  • 営業時間
    午前9時~午後8時
  • 休日
    年中無休
車で約50分
5
B-speak
人気温泉地、湯布院で「並んででも手に入れたいお土産」といえば、こちらの絶品ロールケーキ!「B-speak」は旅館、山荘無量塔(さんそうむらた)がプロデュースし、2019年2月に20周年を迎える名店です。こちらの「Pロール」は、一般的なロールケーキとはひと味違うと評判で、大分に来るたびに訪れるリピーターも多いそう。実際、ふわっふわの口当たりと、そして濃厚な卵の香り、甘さ控えめなクリームのバランスは絶妙!添加物などを一切使わず、卵・小麦粉・砂糖・生クリームのシンプルな原料のみで作られたPロールは、プレーン・チョコレートの2種類(ロールサイズ1,520円 / カットサイズ540円)。食べ始めたら止まらないのでご注意。予約がおすすめです!
  • 住所
    〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上3040-2
  • 電話番号
    0977-28-2166
    予約専用電話番号0977-28-2066(15:00~17:00)
  • 営業時間
    10:00~17:00
  • 休日
    不定休(年2回)
車で約5分
6
束ノ間
「都会の喧騒に疲れた〜」と感じたら、のびのびとした時間を過ごすことができる、こちらの温泉宿へ!「束ノ間」のコンセプトは、“上質な素朴”。25年間続いた旅館スタイルをリノベーションし、2016年から親しみやすくカジュアルな滞在型温泉保養地に一新したそう。広大な露天風呂は健在で、温泉は無色透明ですが、空気に触れ、光を浴びると時によって色味が変わり、やや白濁した美しいブルーに映ります。湯上り後は、パノラマの景色が広がるカフェへ。蓄音機から流れる音楽に、心と体はさらにリラックス!さらに天気がいい夜は、満天の星空を眺められるそう。コンセプトのとおり、シンプルだけどリッチな時間を過ごすことができる温泉宿です。
  • 住所
    〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上444-3
  • 電話番号
    0977-85-3105
  • 営業時間
    立ち寄り湯
    受付 : 午前9時30分~午後6時00分
    (入浴は午後6時30分まで)
    食房
    11:30 - 15:00(14:00ラストオーダー)
    18:00 - 20:30(20:00ラストオーダー)
  • 休日
    ともに水曜日
車で約40分
7
九重“夢”大吊橋
大分から熊本に向かう途中に寄りたい絶景&絶叫(!?)スポット「九重“夢”大吊橋」。2006年にオープンした長さ390m、高さ173m、幅1.5mのこの橋は、人が渡る吊り橋としては日本でもトップクラスです。橋の上から見えるのは、日本の滝百選にも選ばれた「震動の滝」と、そして渓谷に広がる原生林。絶景は四季折々変化するとあって、観光客が絶えません。足下は遥か下まで見える構造になっているため、まるで天空を散歩しているかのよう!強風が吹くと揺れるので、ひやっと足がすくむスリリングな感覚も楽しんでみて!
  • 住所
    〒879-4911 大分県玖珠郡九重町大字田野1208
  • 電話番号
    0973-73-3800
  • 営業時間
    8:30~17:00 (1月~6月/11月~12月) 入場券の販売は16:30まで
    8:30~18:00 (7月~10月) 入場券の販売は17:30まで
  • 休日
    年中無休
車で約30分
8
黒川温泉
てくてくと、気軽に温泉街散歩を楽しめる黒川温泉。ここではぜひ浴衣をレンタル(浴衣・帯・雪駄込み 1,500円。宿泊者は宿泊先の浴衣を無料でレンタル可能)して、露天風呂巡りや街巡りを楽しんでみて!女性におすすめなのは、黒川温泉で唯一の日本名湯百選に選ばれる「いこい旅館」。「美人湯」と名高い露天風呂と13種類のお風呂を持ち、絶えず満室状態の大人気宿です。宿オリジナルコスメ、肌のくすみをケアする「ぬか袋」や温泉水を約90%も使った化粧水、豆乳石鹸などもぜひおみやげに!また「旅館わかば」は、女性専用の「化粧の湯」があり、実際に化粧水がいらないほどお肌をスベスベにしてくれます。時間に余裕がある人は、黒川温泉の入湯手形(1,300円)を購入し、日帰り入浴のハシゴを楽しんで!
店名:黒川温泉 いこい旅館
  • 住所
    〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉
  • 電話番号
    0967-44-0552
  • 営業時間
    日帰り入浴立ち寄り湯
    8:30~21:00
    貸切風呂
    10:00~21:00
  • 休日
    基本的に無休だが、年2回休館日あり
店名:黒川温泉 旅館わかば
  • 住所
    〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉
  • 電話番号
    0967-44-0500
  • 営業時間
    日帰り入浴立ち寄り湯
    8:30~21:00
  • 休日
    不定休
徒歩で約7分
9
わろく屋
黒川温泉でお腹が減ったら、歴史の宿「御客屋」の姉妹店で、明治期の古民家を移築した「わろく屋」でカレーはいかが?ブイヨンからトロトロになるまで煮込んだ「あか牛カレー」、肥皇豚とトマト、イカスミをふんだんに使った「黒カレー」、阿蘇小国ジャージー牛乳としょうが、トマトを肥後あか鶏とミックスさせた「白カレー」を一気に味わえる3種カレーが人気です。また、限定10食の「あか牛ロースの炙り重」は、さしのバランスが良く、さっぱりとした味わい。早ければ午前中のうちにすぐに完売してしまうので、気になる人はお早めに!ちなみに、デザートのヨーグルトも、阿蘇小国ジャージー牛乳を使用しており、熊本の食材を存分に楽しめるのも嬉しいポイントです。
  • 住所
    〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺黒川6600-1
  • 電話番号
    0967-44-0283
  • 営業時間
    11:00~16:00
  • 休日
    木曜日
車で約30分
10
鍋ヶ滝公園
普段なかなか見られない滝の裏の姿、見てみたくないですか?鍋ヶ滝公園内に位置する鍋ヶ滝は、滝の裏の空間が広く、人が横行できることで有名な滝。落差は約10mと規模は小さめですが、幅が約20mもあり、まるでカーテンのように流れる水は美しく、神秘的。水しぶきがかかるほどの距離まで近づくことができ、フォトジェニックな写真が撮れちゃいます!阿蘇のカルデラをつくった約9万年前の巨大噴火ののち、長い年月をかけて現在の形になったそうで。ひょっこり野生動物が顔を出しそうな周囲の大自然も魅力のひとつです。階段や道はあるものの、舗装されていない箇所もあるので、スニーカーなど滑りにくい靴で訪れることをおすすめします。
  • 住所
    〒869-2502 熊本県阿蘇郡小国町黒渕
  • 電話番号
    0967-46-2113(小国町役場情報課)
  • 営業時間
    9:00~17:00(最終入園16:30)
  • 休日
    年末年始(12/28~1/3)
  • 入園料
    300円(高校生以上)、150円(小中学生)
車で約1時間20分
11
道の駅 あそ望の郷くぎの
駆け足のドライブ途中でも、わざわざ寄ってみて欲しいのが「あそ望の郷くぎの」。県道28号線沿いの道の駅で、「阿蘇五岳」を大パノラマで一望できます。天気のいい日には、まるで絵はがきのような景色をみることができ、思わずため息のでる美しさ。写真撮影はマストですね!また、ここでのグルメも見逃せません。名物「あか牛AKVバーガー」(650円)は、あか牛肉100%のハンバーグと、地元産新鮮野菜のレタス、トマト、タマネギのハーモニーが絶妙で、道の駅のB級グルメとは思えないほどのクオリティー!がぶりと噛みつかないと口に入らない、直径15cmのビッグサイズで食べ応えも満点です。休日は午前中のうちに完売してしまう人気バーガー。もし売っていたら、食べないともったいないですよ!
  • 住所
    〒869-1412 熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石2807番地
  • 電話番号
    0967-67-3010
  • 営業時間
    物産館 9:00~17:00
    レストラン 10:00~17:00(食事は11:00〜)
    あか牛の館 9:00~17:00
    パークゴルフ場 9:00~17:00
    観光案内所 8:30~17:00
  • 休日
    第2水曜日
    (休館日の無い月、臨時休館の場合も有り)
車で約20分
12
上色見熊野座神社
上色見熊野座神社は、映画『蛍火の杜へ』の舞台として描かれ、「神秘的すぎる!」としてSNSで話題沸騰中の神社。国道を車で上っていくと神社への登り口が見えてくるのですが、たしかに鳥居の佇まいから、既に神々しさを感じます。中へ足を踏み入れると、まるで異世界に迷い込んだような感覚。高い杉の木が日光を遮り、静寂な空気と厳かな雰囲気があたりを包み込んでいます。雨の日や、日没が近い時間帯に訪れると、薄暗さのため、一層神聖な雰囲気を味わうことができるでしょう。階段を上りきったところにある無人の神殿は、まるでRPGのラストシーンのよう!しっかりとお参りをし、おみくじを引いてから、写真撮影も楽しみましょう。
  • 住所
    〒869-1602 熊本県阿蘇郡高森町上色見2619
  • 電話番号
    0967-62-1111(高森町政策推進課)
  • 営業時間
    24時間
  • 休日
    なし
車で約1時間10分
13
熊本城
「サンカク旅熊本編」のハイライトは、やはりこちら。加藤清正が築城してから約400年、熊本観光に欠かせない重要な場所である熊本城です。平成28年4月に発生した地震により大きな被害を受け、多くの場所が立ち入り禁止となっていますが、2037年完全復旧を目指し、現在「熊本城復元見学コース」を設置。熊本城再生への勇姿を、しっかり目に焼き付けておきたいところです。また、加藤清正を主神とする加藤神社のフォトスポットでは、熊本城をバックに写真撮影が可能。お土産処「桜の小路」にある熊本県産オールフルーツソフトクリーム「くだもん」は果物たっぷりでカラフル。思わずSNSに載せたくなるフォトジェニックなスイーツです。
スポット名:熊本城
  • 住所
    〒860-0002 熊本県熊本市1
  • 電話番号
    096-352-5900
  • 営業時間
    桜の馬場城彩苑から、二の丸駐車場まで。
    <通行時間>午前8時~午前0時
    城彩苑 物販 午前9時~午後7時、飲食 午前11時~午後10時
  • 休日
    なし
スポット名:加藤神社
  • 住所
    〒860-0002 熊本市中央区本丸2-1
  • 電話番号
    096-352-7316
  • 営業時間
    常時開放
  • 休日
    なし
徒歩で約15分
14
菅乃屋 上通店
熊本といえば馬肉!その専門店として有名なのが「菅乃屋 上通店」です。昼夜問わず、常に混み合う人気店なので、平日のランチでも予約をしておきましょう!ランチではさまざまな部位を一度に少しずつ味わうことができる馬刺し、馬肉のステーキセットが人気。夜は、看板メニューでもある馬肉のレバ刺し、これは外せないでしょう!驚くほど臭みがなく、ごま油とてんぴ塩が口の中でミックスされ、絶妙な甘さと旨味を楽しめます。そのおいしさの鍵は、阿蘇の大自然の中で所有している、約90万坪の自主ファーム。栄養豊富な牧草でじっくり育て、鮮度にこだわりながら馬肉に加工しているからだそう。地元の人にも愛されている、馬肉の名店。熊本産の焼酎にもばっちり合うのは、言うまでもありません!
  • 住所
    〒860-0846 熊本県熊本市中央区城東町2-12 アンピールパーキング上通り2F
  • 電話番号
    0120-82-3558
  • 営業時間
    ランチタイム
    11:30〜15:00(13:50ラストオーダー)
    ディナータイム
    17:00〜22:00(20:50ラストオーダー)
  • 休日
    年末年始(12月31日、1月1日)
徒歩で約20分
15
長崎次郎書店&喫茶室
明治7年に創業、かつては森鷗外などの文豪も訪れたこともある「長崎次郎書店」。ここでは、タイムスリップしたかのような、レトロな雰囲気が味わえます!まずは道路を挟んで反対側へ渡り、路面電車が通過する瞬間を収めましょう。レトロな外観の建物と、電車のコラボ写真を撮影したら、店内へ。2階の喫茶室は外からの光が差し込み、ホッと落ち着く空間。天井が高く開放感があるのでのんびり過ごすことができます。熊本のおいしい水を使った、水出しコーヒーとぜんざいのセットが一番人気。窓際の席に座って路面電車が通るのを眺めながらカフェタイムを楽しんでください。
  • 住所
    〒860-0004 熊本県熊本市中央区新町4丁目1-19
  • 電話番号
    096-326-4410(書店)
    096-354-7973(喫茶室)
  • 休日
    元日・藤崎宮秋季例大祭当日
車で約7分
16
River Port 9
ショッピングもグルメも、一度に楽しめるのがRiver Port 9(リバーポートナイン)。屋上の「スカイテラス」では、夏はバーベキュー、冬はこたつを出して鍋料理など、季節を感じながらアウトドアで楽しめるのが人気の秘密。また、地下にあるのは、かつての駐車場を改装し、打ちっ放しのコンクリートと木のカウンターが印象的なバー「Voyager」。月曜から水曜は日替わりでランチが楽しめ、なかでも毎週水曜日はベトナム料理で、担当シェフがベトナム人の友人から直々に習ったという「バインミー(ベトナムのサンドイッチ)」が絶品。特注のパンに、阿蘇の香心ポークと大根と人参のなます、パクチーと特製ソースを加え、「サクッ、ふわ、コリッ」という3段階の食感が楽しめます。月曜日のハンドチョップのミートと手作りバンズが最高のバーガー、火曜日のカレーもおすすめ。夜はアメリカのクラフトビールで乾杯を!
店名:River Port 9 スカイテラス
  • 住所
    〒862-0976 熊本県熊本市中央区九品寺1丁目1-26 4階
  • 電話番号
    080-9696-9598
  • 営業時間
    10:00〜23:00
  • 休日
    年中無休
店名:River Port 9 Voyager(ボイジャー)
  • 住所
    〒862-0976 熊本県熊本市中央区九品寺1丁目1-26 B1階
  • 電話番号
    096-200-7796
  • 営業時間
    ボイジャーランチ(月火水) 11:30〜15:00(LO 14:30)
    バータイム 18:00〜25:00(LO 24:30)
  • 休日
    木曜日
車で約30分

※本サイトに掲載されている情報は、2018年10月取材時点のものになります
東京(成田)発着路線
福岡
片道 ¥4,790〜
長崎
片道 ¥5,990〜
大分
片道 ¥5,990〜
熊本
片道 ¥5,990〜
宮崎
片道 ¥4,990〜
鹿児島
片道 ¥5,990〜
大阪(関西)発着路線
福岡
片道 ¥3,490〜
熊本
片道 ¥3,390〜
名古屋(中部)発着路線
福岡
片道 ¥4,990〜
鹿児島
片道 ¥3,580〜
エコノミークラス「Starter」片道運賃です。支払手数料、空港使用料等が別途必要です。受託手荷物の料金は含まれません。諸条件が適用されます。