写真撮影が楽しいハウステンボス♡アンブレラストリートは昼も夜もオススメのマストスポット!
糸島のパームビーチ・ザ・ガーデンズ。まるで日本とは思えないほど、海外リゾート気分に浸れちゃう♪
世界遺産のグラバー園は、幕末の日本の雰囲気を肌で感じることができる貴重なスポット!
グラバー園には、見つけると恋が叶うという「ハートストーン」が2つ隠れています。ぜひ探してみて♡
オーシャンフロントのパームビーチ・ザ・ガーデンズ。カフェでのガールズトークも、エンドレスも大盛り上がり!
「白糸の滝」はあたり一帯がマイナスイオンに包まれ、心の底からリラックスできるチルスポットです♪
アートなオブジェがいたるところにあるハウステンボス。正直、日帰りでは時間が足りない!
長崎新地中華街。訪れたときはラッキーなことに秋の中秋節で、黄色の燈籠が飾られロマンティックに!
緑の中にひっそりと佇む隠れ家カフェ、「湧き水カフェ 風水庵」!野菜やフルーツがとってもおいしいの!
おトクでよくばりな九州サンカク旅を叶えてくれるジェットスター。次はどこへ行こうかな〜!
長崎空港
1 中華料理 四海樓
2 グラバー園
3 長崎新地中華街
4 創作料理と天ぷら 秋月
5 千綿駅
6 湧き水カフェ 風水庵
7 ハウステンボス
8 白糸の滝
9 伊都 安蔵里
10 パームビーチ・ザ・ガーデンズ
福岡空港
1
中華料理 四海樓
旅先でのグルメは、おなかいっぱい楽しむのがジェットスター流!長崎を訪れたら、最初に食べたいのが、長崎ちゃんぽんですよね。四海樓は、明治32年創業、「ちゃんぽんの生みの親」と言われており、豚肉や新鮮な野菜、魚介類などを入れて仕上げた秘伝のスープはまさに絶品!さらによくばりさんには、「皿うどん」もおすすめ。強火でパリパリに焼いた細麺は、ソースを絡めるとさらにコクが増して、長崎ちゃんぽんとはまたひと味違った味わいになっています。どちらも堪能できるコースは、お一人様1,890円〜。満腹になった後は、館内の「ちゃんぽんミュージアム」(入館無料)を楽しむのもお忘れなく!
  • 住所
    〒850-0921 長崎県長崎市松が枝町4-5
  • 電話番号
    095-822-1296
  • 営業時間
    11:30~15:00
    17:00~21:00(20:00ラストオーダー)
  • 休日
    不定休、年末年始
徒歩7分
2
グラバー園
長崎の観光スポットとして外せないのが、グラバー園!幕末期に国際貿易港として栄えた長崎、その歴史を体感できる貴重な場所なんです。中でも貿易商のひとり、トーマス・グラバーが暮らした「旧グラバー住宅(旧グラバー邸)」は2015年に世界遺産の構成資産の1つに登録された、絶対訪れたい場所のひとつ。異国情緒あふれる建造物や庭園に、思わずハートが奪われます!ハートといえば、グラバー園を訪れたらぜひ挑戦したいのが、見つけると恋が叶うといわれる「ハートストーン」探し。敷き詰められた石の中にハートの形をした石が2つあり、「触れると恋が叶う」「2つ見つけると良いことがある」と言われています。運試しにトライしてみてくださいね!
  • 住所
    〒850-0931 長崎県長崎市南山手町8-1
  • 電話番号
    095-822-8223
  • URL
  • FAX番号
    095-823-3359
  • 営業時間(2018年度)
    下記期間以外:8:00~18:00(最終入園受付は20分前)
    11/22~12/22 8:00〜20:30
    12/23〜12/25 8:00〜21:00
    12/26~2/4 8:00〜20:30
    2/5~2/19 8:00〜21:00
    2/20~3/31までの期間における金・土・祝前日 8:00〜21:00
  • 料金
    大人610円、高校生300円、小・中学生180円
  • 休日
    年中無休
徒歩20分
3
長崎新地中華街
小腹が空いたら、地元客に愛されるグルメスポット、「長崎新地中華街」へGO!ここは横浜、神戸に並ぶ日本三大中華街のひとつ。東西南北あわせて約250mの十字路の範囲内で、名物の角煮まん・豚まんの食べ歩きから、長崎ならではのちゃんぽん・皿うどん、さらにもっと本格的な中華料理まで、様々な美食が楽しめちゃいます。四季折々のイベントにタイミングがあったらラッキー!例えば、秋の中秋節では黄色の満月燈籠、冬の長崎ランタンフェスティバルでは赤色のランタンが街を彩り、異国情緒満点。幻想的な雰囲気に包まれ、まるで海外に来たみたいでテンションがあがります!
  • 住所
    〒850-0842 長崎県長崎市新地町10-13
  • 電話番号
    095-822-6540
  • 営業時間
    10:00〜21:00
  • 休日
    店舗により異なる
車で約15分
4
創作料理と天ぷら 秋月
長崎でちょっとよくばって素敵な思い出を作りたければ、「ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート」にある、レストラン「創作料理と天ぷら 秋月」がおすすめ!まわりにはビルなど高い建物が一切ないので、長崎港や稲佐山の絶景を楽しむことができるんです!特に夜景は、言葉にならない美しさ。店名の由来のとおり、天気がいい日には月もくっきり見えます。もちろん料理も絶品。口の中でホロリと溶ける壱岐牛や、長崎県産の野菜など、地元食材を中心に構成した四季折々の創作料理に、「あー、シアワセ」となるはず。コースは5品(6,480円)から。特別な日の演出にも使える、大人のレストランです。
  • 住所
    〒850-0064 長崎県長崎市秋月町2-3
  • 電話番号
    095-864-7772(受付時間:10:00~21:00)
  • 営業時間
    ランチ 11:00~14:00(L.O.)15:00閉店
    ディナー 17:00~21:00(L.O.)22:00閉店
  • 休日
    年中無休
車で約50分
5
千綿駅
日本でもっとも海に近い駅として有名な「千綿(ちわた)駅」は、まるで映画のワンシーンのような場所!昭和3年に誕生したこちらの駅、数段の階段を上ると、大村湾のパノラマが視界全体に広がり、思わず息をのんでしまいます。さらに、サンセットの時間帯は特に美しいそう。多くの「撮り鉄」ファンでにぎわうというのも納得!改装後の今も、誕生当時の風情を守るために古材を使ったり、部品の一部を展示するなどして、レトロな雰囲気を残しているのが、またいいんですよね。郵便ポストや木製の机、切符入れやベンチ椅子など、小物たちのおかげで、自分がまるで映画のヒロインかのような気分になれる、気持ちのいい駅です!
  • 住所
    長崎県東彼杵郡東彼杵町平似田郷750-3
  • 電話番号
    0957-46-0961
車で約10分
6
湧き水カフェ 風水庵
あっちもこっちも行きたいよくばりな旅だけど、できれば時間に余裕を持って訪れてほしいのが「湧き水カフェ 風水庵」。青々と茂った木々と木漏れ日に、マイナスイオンを感じながら、ハイキング気分で小道を進んでいくと、それだけで日頃のストレスや疲れはどこへやら!そして、姿を現す古民家風の外観。まさに知る人ぞ知る隠れたロケーションで、カフェ好きならテンションアップ間違いありません!毎朝道の駅で仕入れた新鮮な地元野菜を使った料理が楽しめるほか、湧き水を鉄瓶で沸かして淹れたコーヒーや、数々の賞を受賞している長崎県産の彼杵茶(そのぎちゃ)を使ったこだわりケーキなどがおすすめメニューです。滝つぼに流れる水の音を聞きながら、しばし時間を忘れてくつろいで!
  • 住所
    〒859-3924 長崎県東彼杵郡東彼杵町太ノ浦郷822-7
  • 電話番号
    0957-46-1876
  • 営業時間
    11:00〜16:00
  • 休日
    不定休
車で約50分
7
ハウステンボス
オンリーワン、ナンバーワンにこだわったテーマパークで、その敷地の広さはなんとモナコ公国と同じだそう。「みんなに喜んでもらえるものをつくる」というコンセプトどおり、VRジェットコースター「VR-KING」をはじめ、たくさんのアトラクションが揃っていて、とても1日では遊び尽くせません(また来なきゃ!)。催し物も豊富で、一番人気は毎日開催している仮面舞踏会パーティ。仮面とマントを身につけて、思い思いに踊っちゃいましょう。ほかにも、SNSにアップしたくなるフォトジェニックなスポットもありすぎて困っちゃう!そんな中でも、年間通して楽しめる花の祭典、ハウステンボスを代表する三連風車、アンブレラストリートは撮影マスト。夜のプロジェクションマッピングや観覧車からの夜景も圧巻です!
  • 住所
    〒859-3243 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
  • 電話番号
    総合案内ナビダイヤル0570-064-110
  • 総合予約センター0570-064-300
  • 営業時間(2018年)
    ホームページよりご確認ください。
    特殊日(ゴールデンウイーク、お盆、年末年始など)は、イベントなどの内容により、営業時間を変更する場合あり
  • 料金
    1DAYパスポート大人7,000円、中学・高校生6,000円、4歳〜小学生4,600円、65歳以上6,500円(ほか散策チケットのみも販売、詳細はHPでご確認ください)
  • 休日
    年中無休
車で約1時間40分
8
白糸の滝
近年、インスタ映えのスポットとして人気急上昇中なのが、糸島の「白糸の滝」。ネーミング通り、まるで白い糸を引いたかのように真っ白く流れ、絵画のような美しさです!滝には、数メートルの距離まで近づくことができ、その水しぶきは圧巻。滝に近づけば近づくほど気温が下がり、ひんやりするのがわかります。もともとは夏場の避暑地として古くから愛されている観光地だそうで、マイナスイオンでリフレッシュが最高!夏場は、その迫力を収めようと、カメラを手にする人で大にぎわい。白糸の滝直下ではヤマメ釣り(1竿2,000円)、夏限定で流しそうめん(5月〜9月)を楽しむのがおすすめです!
  • 住所
    〒819-1154 福岡県糸島市白糸460-1
  • 電話番号
    092-323-2114
  • 営業時間
    9:00〜17:00(7月から8月は、18:00まで)
  • 休日
    12月から3月の毎週水曜日、年末年始(12月29日~1月3日)
車で約15分
9
伊都 安蔵里
糸島に来たらぜひとも立ち寄りたいのが、レストラン&セレクトショップ「伊都 安蔵里(いと あぐり)」。薪が積み上がったエントランスに、初めてなのにどこか懐かしい印象を受けるのでは?お食事は、糸島産野菜を中心にした御膳が計5種類(数量限定含む)。食材そのものがおいしく、とってもヘルシー。女性に嬉しいメニューになっています。食事が終わったら、入り口で販売しているおみやげを忘れずチェック!調味料は実際にレストランでも使われているもの。料理に自信があれば、買って自宅で再現してみましょう!また、敷地内にあるカフェも雰囲気抜群。糸島で焙煎された豆を使い、一杯ずつていねいにドリップしたコーヒーが看板メニュー。次を急いでいる方でも、テイクアウトでぜひ!
  • 住所
    〒819-1155 福岡県糸島市川付882
  • 電話番号
    092-322-2222
  • 営業時間
    セレクトショップ
    10:00〜18:00
    レストラン
    平日11:30〜14:30 / 土日祝日11:00〜15:00
    カフェ
    11:30〜17:00(ラストオーダー16:00)
  • 休日
    不定休
車で約30分
10
パームビーチ・ザ・ガーデンズ
2015年にオープンした糸島・二見ヶ浦のリゾートモール「パームビーチ・ザ・ガーデンズ」は、夏を感じずにはいられない場所!真っ青に広がる海と、空に伸びるヤシの木、そしてさんさんと注ぐ太陽が加われば、気分はまるで海外リゾートです。のんびりビーチを眺めたり、フォトジェニックなジェラートやドリンクを楽しんだり、オシャレなサーフショップで買い物したり。やることが多すぎて、時間が過ぎるのがあっという間!高台にあるお店からビーチへ降りていくときに見つかる、「天使の羽」ウォールアートでの記念撮影、糸島や九州の厳選された食材を販売するマルシェでのおみやげ探しもお忘れなく!
  • 住所
    〒819-0202 福岡県福岡市西区西浦285
  • 電話番号
    092-406-3380(代表)
  • 営業時間
    店舗によって異なる
  • 休日
    不定休

※本サイトに掲載されている情報は、2018年10月取材時点のものになります
東京(成田)発着路線
福岡
片道 ¥4,790〜
長崎
片道 ¥5,990〜
大分
片道 ¥5,990〜
熊本
片道 ¥5,990〜
宮崎
片道 ¥4,990〜
鹿児島
片道 ¥5,990〜
大阪(関西)発着路線
福岡
片道 ¥3,490〜
熊本
片道 ¥3,390〜
名古屋(中部)発着路線
福岡
片道 ¥4,990〜
鹿児島
片道 ¥3,580〜
エコノミークラス「Starter」片道運賃です。支払手数料、空港使用料等が別途必要です。受託手荷物の料金は含まれません。諸条件が適用されます。