サンメッセ日南は、世界で唯一モアイ像の完全復刻が認められた場所だって知っていましたか?
霧島アートの森では、敷地内の立体モダンアートに近づいて、インスタジェニックな写真を撮るのがお約束♡
「シーガイア乗馬クラブUMAIRU」では、気軽に乗馬体験が可能。かわい過ぎる馬に癒されますよ!
フェニックス・シーガイア・リゾート内にあるレタールームで、未来の自分に手紙を書いてみる、なんていかが?
「焚火のリビング」で、カクテル片手にちょっと夜更かし☆旅先だし、ちょっとくらい飲み過ぎでもOK!?
ヤシの木が宮崎らしい鵜戸神宮。縁結びや安産・子宝にご利益がある神様として、多くの女性に人気です。
こちらも縁結びのパワースポットとして人気の青島神社。晴れた日は海沿いの散歩も気持ちいい絶景ロケーションです。
ヤシの木のイラストがとってもキュートな青島神社のお守り。宮崎らしいおみやげに、いかがですか?
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの宿泊客限定「KUROBAR」で、ちょっぴりオトナな夜を楽しみましょ☆
青島神社では願い事によって色の違う紙縒(こより)を、格子や神木に結びます。あなたの願い事は何色ですか?
宮崎空港
1 シーガイア乗馬クラブ UMAIRU
2 フェニックス・シーガイア・リゾート
3 Beef Atelier うしのみや
4 ぐんけい本店隠蔵
5 青島神社
6 サンメッセ日南
7 鵜戸神宮
8 道の駅なんごう
9 霧島さくらさくら温泉
10 鹿児島県霧島アートの森
11 硫黄谷温泉 霧島ホテル
12 長野滝
13 黒福多
14 名勝 仙巌園
15 旧鹿児島紡績所技師館(異人館)
16 天文館むじゃき本店
鹿児島空港
1
シーガイア乗馬クラブ UMAIRU
アクティブなサンカク旅のスタートにふさわしいのが「乗馬体験」。緑豊かな黒松林の中、まるで冒険をしているかのような気分で乗馬が楽しめます。5分間のライトなコースから、海を眺めながら1時間かけてのんびりまわるシービューコースまで、3コースから選択可。天気が良ければ松林の間に木漏れ日が差し込み、夏場でも暑さが和らぐ心地よい空間。馬の鳴き声や、草をむしゃむしゃ食べるしぐさにも癒やされますよ!カップルでもファミリーでも楽しめる乗馬体験、申し込みはシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート2階のアクティビティーセンターにて。宿泊者以外のビジターでも体験可能です。
  • 住所
    〒880-0122 宮崎県宮崎市塩路浜山3083
  • 電話番号
    0985-21-1324
  • 営業時間&休日
    土・日・祝日 10:00-17:00(最終受付16:00)
    ※時季により、営業時間が異なる。また特別営業日あり
    ※雨天時等に中止の場合あり
  • 料金
    乗馬ミニコース(体験時間約15分)
    大人3,000円、3歳以下2,500円
    外乗シービューコース(体験時間約60分)
    大人12,000円(1組2名以上)、1名様ご利用の場合15,000円
徒歩で約12分
2
フェニックス・シーガイア・リゾート
リゾートステイをとことん満喫したい人におすすめなのが、2017年10月に開業以来最大規模のリニューアルが完了したフェニックス・シーガイア・リゾート。フラッグシップホテルの「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の2階に新設された宿泊者専用のテラスラウンジ「風待ちテラス」は、“旅”をテーマとした本が揃う素敵な空間。コーヒーとケーキとともに読書を楽しめ、気に入ったものがあれば購入も可能です。風待ちテラスの奥にあるのが「レタールーム」。ここにはリゾートの様々なシーンが切り取られた多彩なポストカードが用意され、万年筆や上質な色鉛筆を使って手紙を書くことができます。旅の思い出を大切な方に送ることができ、さらに未来への手紙として、最大20年間保管可能。ちょっとしたタイムカプセルのようですね。夜はホテル隣接のガーデンエリアを望む位置にある「KUROBAR」へ。店内は、天井の高い3面ガラス張りの空間となっており、ライトアップされた美しいガーデンビューとなっています。フルーツと5種のジンから組み合わせが可能なジン・トニックは絶品。BARを楽しんだあとは締めくくりの焚き火の時間。「焚火のリビング」でゆらめく炎を囲むソファ席で焼きマシュマロをすれば、ちょっとしたグランピング気分を味わうことができます。
  • 住所
    〒880-8545 宮崎県宮崎市山崎町浜山 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート内
  • 電話番号
    総合予約センター0985-21-1113
  • URL
  • 営業時間
    風待ちテラス・レタールーム
    8:00~23:00(レタールームは〜21:00)
    スイーツ 10:00~18:00(ラストオーダー)
    ドリンク 8:00~21:00(ラストオーダー)

    KUROBAR・焚火のリビング
    19:00~23:00(金・土曜〜24:00、ラストオーダーはCLOSE15分前まで)
  • 休日
    年中無休
徒歩で約1分
3
Beef Atelier うしのみや
とっておきのグルメ体験をするなら、こちらはいかが?座席数はなんと6席だけ。隠れ家のような「Beef Atelier うしのみや」は、究極の宮崎牛コースが味わえる牛肉割烹店。シェフが一品ずつ丁寧に作り上げる料理の数々は、概念を覆される肉じゃがやヒレ肉の鉄板焼きなど、焼き加減や切り方、盛り付けなどプロの細やかな工夫が施されており、口にするたびに思わずため息が漏れてしまいます。カウンター越しに次々と料理が仕上げられていく様は、もはやエンターテインメント!このコースでなんと宮崎牛一頭分の部位が食べられるというのも驚き。
  • 住所
    〒880-8545 宮崎県宮崎市山崎町浜山 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 1階
  • 電話番号
    総合予約センター0985-21-1113
  • 営業時間
    コースのスタートは18:00からのみ
  • 料金
    究極の牛肉割烹コース 13,000円
  • 休日
    年中無休
車で約25分
4
ぐんけい本店隠蔵
宮崎のブランド鶏、地頭鶏(じとっこ)が食べられる専門店「ぐんけい本店隠蔵」。こちらの「地頭鶏(じとっこ)の炭火焼」は絶品中の絶品!登場した地鶏はなんと真っ黒……というのも、炭に脂を落とし燃え上がった脂の中で焼き上げているから黒くなるのだそう。しかし、程よい歯ごたえとともにジュワーっと滲みだす鶏の脂、炭火で焼かれた香ばしい香りで、口の中に幸せが広がります。ここはよくばって、宮崎名物「チキン南蛮」も注文してみましょう!やわらかくジューシーな地頭鶏のささみを、ぐんけい特製のさっばり南蛮酢と手作りタルタルソースでいただく感動の逸品。予算もリーズナブルな「ぐんけい本店隠蔵」、宮崎市内でイチオシのお店です。予約なしでは入れないことが多く、遅い時間に訪れると地頭鶏が売り切れることもあるので、早めの時間に訪れることをおすすめします!
  • 住所
    〒880-0002 宮崎県宮崎市中央通8-12
  • 電話番号
    0985-28-4365
  • 営業時間
    17:00~24:00(ラストオーダー23:00)
  • 休日
    無し(不定休)
車で約40分
5
青島神社
近年、恋愛のパワースポットとして人気で、宮崎の女子旅には欠かせないのが「青島神社」。海上に浮かぶ青島への渡る橋からは、すでに景色がよくテンションアップ!青島をとりまく波状岩は、「鬼の洗濯板」と呼ばれる天然記念物です。神社の参道に到着したら、恋みくじや、願い事を書いて水に溶かす「水に溶ける願い符」にトライしてみましょう。符が水に溶けていく様子は、まるで神様に願いを引き寄せてもらっているかのよう。さらに進んだ先にある本宮は、最強の縁結びパワースポット。「天の平瓮(あめのひらか)」といわれる素焼きの皿を、願い事を呟きながら投げ入れ、岩の中に入ると願いが成就し、割れると開運厄除けになるそう。絵馬のアーチはフォトジェニックだと、インスタグラムでも人気になっています。
  • 住所
    〒889-2162 宮崎県宮崎市青島2丁目13番1号
  • 電話番号
    0985-65-1262
  • 営業時間
    5時30分~日没(11~2月は6時~)
  • 休日
    年中無休
車で約30分
6
サンメッセ日南
宮崎県でも1,2を争う“映え”スポットがここ!日南海岸を望む広々とした敷地に、高さ約5.5m、重さ約18〜20トンにもなるモアイ像が置かれています。イースター島で倒壊していた15体のモアイ(アフ・トンガリキ)を日本のチームが修復したことから、友情の証として日本で復元する事が許可され、世界で唯一サンメッセ日南に7体のモアイ像(アフ・アキビ)を完全復刻!「モ」が未来、「アイ」が生きる、すなわち「未来に生きる」という意味があり、欲しいと思うパワーを持ったモアイ像に触ると運気が上がるといわれています!海に向かって左側から仕事運・健康運・恋愛運・全体運(夢が叶う)・結婚運・金運・学力運。特に恋愛運と金運が人気だそう。丘の上に登ると、青い海と空の雄大なパノラマに、より一層モアイ像が映えて見えます。園内には、世界で珍しい昆虫展や、ユネスコ本部より直接許可を得たパネル蝶の地上絵・売店などもありますよ!
  • 住所
    〒887-0101 宮崎県日南市大字宮浦2650
  • 電話番号
    0987-29-1900
  • 営業時間
    9:30〜17:00
  • 休日
    第一、第三水曜日(8月、祝日を除く)
車で約10分
7
鵜戸神宮
縁結びや安産・子宝にご利益のある神様として、多くの女性から人気なのが「鵜戸神宮」。青い海、空、ヤシの木のコントラストを楽しみながら、本殿を目指してみてください。10分ほど歩くとたどり着く、本殿へ繋がる高台からの景色はまさに絶景!!大きな岩に打ち寄せられる波しぶきの迫力に、この場所の神聖さを感じます。本殿は洞窟の中にあり、中もまたひんやりと荘厳な雰囲気です。参拝したあとは、ぜひ運試しを。亀石と呼ばれる大きな岩に穴が開いて、穴の周りには縄がかけられているのですが、その中に運玉と呼ばれている玉を、願い事をしながら投げ、入ると願いが叶うとされています。男性は左手、女性は右手で投げ入れるという決まりがあるので間違えないようにご注意を!
  • 住所
    〒887-0101 宮崎県日南市大字宮浦3232番地
  • 電話番号
    0987-29-1001
  • 営業時間
    4月〜9月:6:00〜19:00
    10月〜3月:7:00〜18:00
  • 休日
    年中無休
車で約40分
8
道の駅なんごう
絶景&人気グルメを同時に味わえる道の駅、と聞いたら立ち寄らないわけにはいきませんよね!このあたりは日本で唯一、ジャカランダ群生地としても有名で、特にあたり一面が青紫色に染まる6月の開花時季になると、ひときわ賑わうそうです。名物グルメは、脂が甘くやわらかい宮崎牛と、たまねぎ・きのこを甘辛いタレとミックスさせた牛丼!ほかにも、こちらの道の駅でしか買えない、なんごう産マンゴーのピューレを使った「なんごうロール」や、「宮崎牛ポテトチップス」、「宮崎牛ごはんだれ」など粒ぞろい。ぜひドライブがてら立ち寄って、自然やグルメ、おみやげ探しを楽しんで!
  • 住所
    〒889-3211 宮崎県日南市南郷町贄波3220-24
  • 電話番号
    0987-64-3055
  • 営業時間
    物産所 8:30 ~ 18:00(4~9月)、~17:00(10月~3月)
    レストラン 11:00~ 16:30
  • 休日
    年中無休
車で約2時間
9
霧島さくらさくら温泉
霧島市は個性豊かな温泉の宝庫!中でも「霧島さくらさくら温泉」はツルツルお肌になれるとあって、女子から非常に人気の温泉です。天然泥パックが楽しめる大露天風呂は、女子のビューティースポット!石壺に入った泥をすくって全身に塗り、約5分おいて洗い流せば、肌の調子のよさをすぐに実感できるはず。また、泥は同時に発汗作用も促してくれます。ショップでは自宅でもこの「泥」を楽しめる「さくらさくらクレイソープ」を販売。硫黄などの成分を豊富に含んだ天然泥が配合され、洗顔後のお肌はすっきりツルツルに。特に女性には喜ばれるおみやげです!
  • 住所
    〒899-4201 鹿児島県霧島市霧島田口2324-7
  • 電話番号
    0995-57-1227
  • 営業時間
    日帰り温泉
    10:00~20:00
  • 休日
    年中無休
車で約40分
10
鹿児島県霧島アートの森
鹿児島県内でも有数のインスタ映えスポットとして注目を集めているのが、現代アート美術館「鹿児島県霧島アートの森」。草間彌生さんの作品をはじめ、巨大で独創的な作品はどれも直に触ったり、座ったりできるため、気兼ねなく写真撮影が楽しめます。作品は屋外にも数多く展示されており、どれも霧島の雄大な自然とみごとに調和しているのが特徴。時間帯や天候、季節によって見え方が変わるため、訪れるたびに新しい発見がある野外美術館です。頻繁にトークイベントなども開催しており、アートファンの方はぜひホームページをチェックしてみて!
  • 住所
    〒899-6201 鹿児島県姶良郡湧水町木場6340番地220
  • 電話番号
    0995-74-5945
  • 営業時間
    9:00~17:00 (入園 は〜16:30)
    7/20~8/31の土・日・祝日は〜19:00(入園は〜 18:30)
  • 休日
    毎週月曜日(休日の場合は翌日)
    年末年始(12/29~1/2)※12月29日・30日は臨時開園
車で約30分
11
硫黄谷温泉 霧島ホテル
いろいろな泉質を同時に楽しみたいよくばりさんにたまらないのが「硫黄谷温泉 霧島ホテル」。4つの異なる泉質を同時に味わえる贅沢な温泉宿で、施設の規模も大きく、大浴場中央の立ち湯の奥行はなんとプールと同じ25m!14もの源泉から流れ出る湯量は、1日1,400万リットルだそう。エリアは、「美白の湯」「子宝の湯」など女性専用ゾーン、「殿湯」やサウナがある男性専用ゾーン、フリーゾーンと分かれており、お気に入りのお風呂を見つけるのも楽しみのひとつ。霧島ホテル内は樹齢100年以上の立派な百年杉の庭園があり、お風呂上がりにぜひ散策して、マイナスイオンを感じてみてください。
  • 住所
    〒899-6603 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3948
  • 電話番号
    0995-78-2121
  • 営業時間
    日帰り温泉
    11:00~17:00(受付時間11:00~17:00)
    日・祝日はご利用のお客様が多い為、早めに終了する事が予測されます。
  • 休日
    年中無休
車で約1時間15分
12
長野滝
この景色、どこかで見たことあると思った人もいるかも?こちらは、大河ドラマのロケ地として一躍脚光を浴びた薩摩川内市の「長野滝」。もともとは、地元の人でさえ知らない人も多かったという秘境です。車で国道328号を進み、「長野滝」の小さな看板が見えたら車から降りて、杉林の狭い道を歩いていきましょう。その先にあるのは、ドーム状の岩の間から流れる落ちる堂々たる滝の姿。ひっそりと荘厳な雰囲気に自然と口数が少なくなるはず。滝の音、水の冷たさ、苔の青々しさ、太陽の光を、ぜひ五感で感じてみてください。
  • 住所
    〒895-1402 鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名
  • 電話番号
    薩摩川内市 観光・シティセールス課0996-23-5111(代表)
車で約1時間
13
黒福多
鹿児島の宝、黒豚を食べるならここ!専門料理店「黒福多」で、絶品の「黒カツヒレ」と、しゃぶしゃぶに舌鼓!黒いヒレカツのインパクトは大!真っ黒なカラッとした衣と、白いカツのコントラストにまずは視覚で驚かされます。次に驚くのは食感!黒豚のジューシーな肉汁がぎゅっと閉じ込められていて、しっとりやわらか。竹炭・カカオ・黒ごまを練りこんだパンを作り、それをパン粉にするという新発想から「黒カツヒレ」が誕生したそうです。黒いものにはたくさん福が来るという店名にもぴったりの名物メニュー。味噌ダレ、屋久島産の塩、とんかつソースで味わいの変化を食べ比べてみて!
  • 住所
    〒892-0843 鹿児島県鹿児島市千日町3-2 かまつきビル1F
  • 電話番号
    099-224-8729
  • 営業時間
    11:30~14:30
    17:30~23:00(L.O.22:00)
  • 休日
    月曜日(祝日の場合は翌日)
車で約20分
14
名勝 仙巌園
日本を代表する大名庭園で、鹿児島観光でも絶対に外せないのが「仙巌園」。万治元年(1658年)、19代島津光久によって築かれた島津家の別邸で、どこを撮ってもフォトジェニックです!なかでも、噴煙をあげる雄大な桜島とのコラボが圧倒的に美しい庭園は、さまざまな角度から写真に収めたくなる絶景。また朱色が印象的な錫門をくぐった先には島津家御殿があり、ぐるっと一周すると当時の暮らしぶりがよくわかります。仙巌園の隣にある薩摩切子工場も人気スポット。繊細で優美な器ができるまでの工程を、予約なしで見学可能です。グルメでは、武士の「両棒差し」に似ているところから名付けられたと伝わる「両棒餅(ぢゃんぼもち)」がおすすめ。やわらかいお餅にみたらし風味のしょうゆ・甘みのある味噌・きな粉がかかった黒糖、ぜひよくばって3種類食べてみてください!
  • 住所
    〒892-0871 鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
  • 電話番号
    099-247-1551
  • 営業時間
    8時30分~17時30分
    御殿見学:9時~17時(最終入場16時50分)
  • 休日
    年中無休
徒歩で約5分
15
旧鹿児島紡績所技師館(異人館)
仙巌園から徒歩5分程度、同じ磯地区にある「旧鹿児島紡績所技師館」。日本初の洋式紡績工場を作った際に招いたイギリス人技師の宿舎で、タイムスリップしたような感覚になるほど、レトロな洋風木造建築がそのまま残されています。世界文化遺産にも登録されており、中に入ってみると当時の雰囲気を想起させるように工夫がされています。薩摩藩の近代化事業やイギリス人技師たちの生活の様子がうかがえる調度品などが展示されていて見応えもたっぷり。ゆっくり展示をみて理解を深めるも良し、建物内で写真撮影を楽しむのも良し。ただし、2階から見える桜島の絶景はお見逃しなく!
  • 住所
    〒892-0871 鹿児島県鹿児島市吉野町9685-15
  • 電話番号
    099-247-3401
  • 営業時間
    8時30分~17時30分
  • 休日
    年中無休
車で約10分
16
天文館むじゃき本店
鹿児島旅の締めに食べたいスイーツは、やっぱり「白熊」!昭和21年に開店した「天文館むじゃき本店」は、その鹿児島名物の生みの親として有名。いちごにミルクをかけるとおいしいことからヒントを得て、氷に練乳をかけてみたことが今の白熊がつくられたきっかけだそう。改良に改良を重ね、オリジナルのさっぱりとしたミルクに仕上がり、人気に火がついたんだとか。氷をふんわりさせるため、氷を削ってからシロップをかけることによって独特のふんわり感を保っているそうです。ひんやり冷たいふわふわの食感の氷、そしてフルーツ、十六豆の口当たりの良さを楽しんでください!
  • 住所
    〒892-0843 鹿児島県鹿児島市千日町5-8
  • 電話番号
    099-222-6904
  • 営業時間
    11:00〜22:00(日曜、祝祭日、7月、8月 10:00〜、ラストオーダー 21:30)
  • 休日
    不定休

※本サイトに掲載されている情報は、2018年10月取材時点のものになります
東京(成田)発着路線
福岡
片道 ¥4,790〜
長崎
片道 ¥5,990〜
大分
片道 ¥5,990〜
熊本
片道 ¥5,990〜
宮崎
片道 ¥4,990〜
鹿児島
片道 ¥5,990〜
大阪(関西)発着路線
福岡
片道 ¥3,490〜
熊本
片道 ¥3,390〜
名古屋(中部)発着路線
福岡
片道 ¥4,990〜
鹿児島
片道 ¥3,580〜
エコノミークラス「Starter」片道運賃です。支払手数料、空港使用料等が別途必要です。受託手荷物の料金は含まれません。諸条件が適用されます。